新たに作られ1990年にオープンした白山カントリー倶楽部泉水コース

石川県能美市にあるゴルフ場、白山カントリー倶楽部は18ホールを備えていましたが、後に新しく18ホールが作られました。
1990年に出来た新しい18ホールは、白山カントリー倶楽部泉水コースと呼ばれています。
6918ヤードと距離が十分にあり、丘陵地帯に作られていながらもフラットなので、打ちやすいコースです。
しかし、飛距離だけではこの18ホールで好成績を残すことは出来ません。

まず、距離に反してフェアウェイはそれほど広めに設定されていないので、安定して打てるのはティーショットのみとなる可能性が高いです。
二打目以降はラフやバンカーからのショットになることが多くなります。

フェアウェイをキープ出来ればスコアは安定しますが、比較的真っすぐな割にフェアウェイをキープすることが難しいコースです。

ラフに入る場合はまだ傷が浅い方であり、バンカーに捕まることも少なくありません。
バンカーはアウトコースから頻繁に登場しますが、インコースの後半で特に増えます。

大きさ自体はさほどでもありませんが、13番ホール以降は多数のバンカーが待ち構えているので、全てを避けるのは難しいです。
2番のショートホールのグリーン周りに大きな池があるものの、そこを除けば池は少数であり、プレーに絡むこともほとんどありません。

フェアウェイを始めとしたコースのコンディションは良い状態が保たれています。
泉水コースはキャディ付きが基本となっていますので、利用料金はやや高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ