白鳥高原カントリークラブは標高1100メートルに位置しているゴルフ場

白鳥高原カントリークラブは、1975年より岐阜県郡上市で営業を行っているゴルフ場です。
標高1100メートルに位置しており、周囲はリゾート地として知られています。
白鳥高原カントリークラブもリゾートコースであることを前面に押し出しており、ゴルフ場のすぐ傍で営業を行っている白鳥高原ホテルで、宿泊して打つプランが用意されているほどです。

どちらかと言えば、観光客をターゲットとしているゴルフ場ですが、コース自体が悪いわけではありません。
18ホールは6797ヤードと平均より上距離を誇っています。

自然を活かした作りとなっていますので、アップダウンやフェアウェイのうねりはあり、打ちやすいわけではありません。
二打目以降は特にコントロールに苦しむこととなります。バンカーの数自体は平均的です。

しかし、真っ白であるという特徴があり、この白いバンカーは周囲の自然に溶け込んでいて、利用者の目を楽しませてくれます。
勿論、本来の役目である障害物としても優秀であり、プレーヤーを悩ませる存在です。

池は少なめで、2番ホールのグリーンの手前にあるのが一番目立つ池となります。
フェアウェイは広めに取られているホールが多いので、好スコアを叩き出す為にはティーショットでミスをしないこと、そして二打目以降のうねりに早めに慣れることです。

敷地の外の景観面での見所は白山連峰となります。
高い位置にあるので、冬は冷え、夏は涼しめです。

暑い夏に行くのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ