入江が絡んでくることもある、白浜ビーチゴルフ倶楽部

白浜ビーチゴルフ倶楽部は、和歌山県田辺市で1967年より営業を行っているゴルフ場です。
海沿いに作られたリゾートコースであり、赤木幹一氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られていますが、フラットであり高低差はほとんどありません。

距離は6234ヤードと長さに関しては短めとなっていて、その為かパーは71です。
海沿いに作られているという特徴を最大限活かしており、入江をまたいでプレーするホールは他のゴルフ場ではなかなか見られません。

池が絡むホールがそう多いわけではありませんが、1番、9番、10番は巨大な池があるので、印象に残ります。
バンカーに関しては、どちらかと言えば少なめになっており、苦しめられることは少ないでしょう。

ほとんどのホールが木々で仕切られているので、思い切ったショットを打てるのも大きな利点です。

さまざまなレベルの方が楽しめるコースになっていますが、どちらかと言えば攻略しがいのあるコースではなく、楽しむためのプレーに向いたコースです。

距離が短めですので、女性やジュニアゴルファーでも十分に力を発揮することが可能となっています。
利用料金も安めで、訪れやすいゴルフ場です。

景観の面では、やはり太平洋が見所となります。
太平洋に向かってショットを行うホールもありますので、独特の爽快感が得られるでしょう。

提携ホテルもあり、宿泊プランも用意されています。
リゾート地として知られている地域ですので、旅行の序でのプレーも悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ