白竜湖カントリークラブの18ホールは中国地方の中でも特に評判が良い

広島県三原市で1976年より営業を行っているゴルフ場が、白竜湖カントリークラブです。
オリックス・ゴルフ・マネジメントの傘下にあるゴルフ場なので、同社のサイトに登録しておくとより便利、かつお得に利用出来ます。
丘陵地帯に作られた18ホールの設計を担当したのはロバート・村島氏です。

バックティーからの距離は6850ヤードと十分に広いコースとなっています。
敷地面積が広い分、コースも広々と作られており、フェアウェイの範囲も広めです。

また、比較的フラットに仕上がっているという特徴を持っているので、思い切ったショットを行うことが可能となっています。
豪快にドライバーを振り回したい方には向いているコースです。

しかし、ただ打ちやすいだけではなく、障害物が豊富であり、これらが難易度を上げています。
まずバンカーの数は非常に多めと言えるでしょう。

そして面積が大きいものも多く、捕まる可能性は高くなっています。
ホールのフェアウェイ横に設置されている、いわゆるサイドバンカーも多いため、一打目からプレッシャーがかかるでしょう。

数自体はそれほど多くはありませんが、池もあります。
4番のミドルホールは池越えになっており、かつフェアウェイの左手が池なのでミスをすると大きな痛手です。

中国地方の中では珍しく、男子のレギュラーツアーが開催されていたゴルフ場ですので、コースのコンディションは常に良い状態が保たれています。
接客面でのサービスも良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ