既に別の形で生まれ変わった函館大沼プリンスゴルフコース

函館大沼プリンスゴルフコースは、北海道亀田郡七飯町で1976年より営業されていたゴルフ場です。
27ホールあったのが特徴であり、元々は18ホールでしたが、後に9ホールが増設されました。
その為か設計者が複数おり、ロバート・トレント・ジョーンズJr.氏、堤義明氏の両氏が設計を担当しています。

林間地帯に作られており、全体的にフラットなのが特徴でした。飛ばしやすく初心者の方でも打ちやすい27ホールです。

しかし、新しく増設された9ホールは池が多くあるのが特徴であり、それをどのように避けるかがポイントでした。
ゴルフ場の名前にもなっている通り、函館大沼プリンスホテルが宿泊施設としてありましたので、泊まりがけのプレーにも対応していたゴルフ場です。

しかし、北海道カントリークラブ大沼コースという日本を代表するゴルフ場が隣にあるといった不利な立地条件にありました。
株式会社プリンスホテルは西武グループの一員であり、ホテル事業、レジャー事業を手がけています。

函館大沼プリンスゴルフコース、北海道カントリークラブ大沼コースの両方がプリンスホテルの傘下にありました。

しかし、経営が悪化するにつれ、北海道カントリークラブ大沼コースの方に集中するという方針を打ち出し、函館大沼プリンスゴルフコースは2007年を持って閉鎖されました。

後に残された場所は開発され、2008年よりウォーキング用の土地として使われているのです。
かつてあったコースの面影はありませんが、土地自体は多くの人で賑わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ