八洲カントリークラブは1995年開場の新しいゴルフ場

1995年、栃木県鹿沼市で開場されたゴルフ場が八洲カントリークラブです。
18ホールはアメリカ出身のプロゴルファーでもあるトム・ワトソン氏が設計を担当しました。
アメリカ出身の方が設計を担当していることもあり、池を豊富に配置したアメリカンスタイルを取り入れています。

広大な敷地を贅沢に使ってレイアウトされており、6846ヤードと距離が十分にあるのがまず一つ目の特徴です。
プレーの面での完成度が高いだけではなく、景観美も優れており、見た目で楽しむことが可能なコースとなっています。

バンカーは少なめであり、全く無いホールも有るほどです。

池は適度に配置されていますが、グリーン周りにある程度であり、池越えは全くありませんし、途中で曲がりくねった、ブラインドホールが多いわけでもないです。このコースの最大の難所は、アップダウンの激しさとフェアウェイの狭さとなります。

ほとんどが打ち上げ、打ち下ろしで構成されており、それが続く為に距離感が狂いやすいのです。
そして各ホールは広く作られていますが、フェアウェイとして設定されている箇所は少なめとなっています。

500ヤードを越えるロングホールであってもそれは変わりません。
ベントを採用したグリーンの難易度も高めです。

利用料金は安めに設定されているので、コストパフォーマンスは抜群に良いゴルフ場となっています。

多種多様なイベントが開催されているのも特徴です。
自動車、電車の両方でアクセスが可能と、交通面も悪くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ