八尾カントリークラブは毎年プロトーナメントが開催されている

1994年、富山県富山市にオープンした八尾カントリークラブは、毎年日本女子プロゴルフ協会のツアーが開催されることで知られています。
日本のゴルフ場の中でも新しい部類に入りますが、あっという間にプロトーナメントが開催される名門として名を馳せることとなりました。
北陸地方の中でもトップクラスに入る、質の高いゴルフ場です。

メンバーシップ制を採用している名門ゴルフ場ですが、ビジターでもプレーすることが可能になっており、あまり内向きではありません。
竹村秀夫氏設計による18ホールは、6888ヤードと距離は平均的な数字です。

その分、さまざまな障害が用意されています。
距離よりテクニックが重視されるコースです。

森の中に作られており、高低差はあまりありません。
フラットですので飛ばすだけならさほど難しくないですが、池やバンカーの配置が絶妙であり、落ちて欲しくないところに落ちるよう設計されています。

特にバンカーは数が多く、各ホールに満遍なく配置されているので、捕まってしまう可能性は高いでしょう。

定番の障害物である池もあります。
数自体はさほど多くありませんが、3番ホール、12番ホール、17番ホールでプレーに絡み、12番は池越えのショートホールです。

距離はあまりありませんが、フェアウェイは広めのところが多く、何故難しいのか分かりづらい、設計が優れたゴルフ場となっています。
名門に近い位置にあるゴルフ場ですので、サービス面やコースの状態は常に良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ