アクセスしやすく値段も手頃な斑尾高原カントリー倶楽部

斑尾高原カントリー倶楽部は、1986年長野県中野市に開場したゴルフ場です。
三浦一美氏設計による18ホールは高原地帯にありながら、高低差がほとんどなく、フラットとなっています。
バックティーからの距離は6729ヤードと、あまり長いコースではありません。

しかし、フェアウェイは広めに設定されているホールが多く、打ちやすくなっています。
また障害物も少なめです。

バンカーはインコースの後半に多く見られますが、それ以外では平均以下であり、バンカーが苦手な方にとっては打ってつけとなっています。
そしてバンカーと並ぶ代表的な障害物である池ですが、こちらもほぼありません。

池がプレーに影響を及ぼすのは、7番ホール、17番ホールだけです。
17番ホールは小さめのものなので、問題になるのは7番にある巨大な池のみとなります。

ショートホールの7番は池越えなので、苦手としている方はペナルティを重ねる可能性が高いですが、他に池はありませんので、ここを乗り切ってしまえば後はそれほど難易度が高くはありません。

曲がりくねったレイアウトのホールが多いので、正確に刻んでいく方がスコアは安定するでしょう。
景観の面では北信五岳が見所です。

高速道路のインターチェンジが近くにあるので、アクセスし易いのも嬉しいポイントとなります。
また、利用料金も安めに設定されており、財布にも優しいゴルフ場です。

雪がかなり多く降る土地にありますので、冬季はクローズとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ