斑尾東急ゴルフクラブは2サムでも歓迎のリゾートコース

長野県上水内郡信濃町にある斑尾東急ゴルフクラブは、文字通り、東急グループの東急ゴルフリゾート傘下のゴルフ場です。
東急の他のゴルフ場に行く機会があるなら、公式サイトに登録しておくと利用の際に手続きの面で便利です。
周囲には信州の観光名所が多数あるリゾートコースで、クラブハウスはホテルタングラムの1階にあるので、泊まってゴルフを楽しむことが可能となっています。

18ホールは黒澤長夫氏が設計を担当しました。
高原地帯に作られており、観光名所として知られている山々の絶景が景観面での見所です。
コース内には白樺が多く植えられており、敷地内にも美しい光景が広がっています。

アップダウンはありますが、プレーに大きく影響するほどではありません。
バックティーからの距離は6606ヤードと、あまり長いコースではなく、1990年誕生と新しいゴルフ場の割には、やや短めとなっています。

代わりに、障害物を多数配置して難易度を上げており、特にバンカーは多めです。
グリーン周りにガードバンカーが配置されているのは当然として、ティーショットからの第一打でも油断はできません。

中間地点付近にもバンカーが配置されているホールがあります。
池はアウトコースで頻繁に顔を覗かせますが、インコースでは全く現れません。

このゴルフ場では2サムを歓迎しているという特徴があります。
2人でプレーする2サムは、あまり歓迎されません。

断るところもあるのですが、このゴルフ場では2サムでも問題なく回れます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ