都心の近くにありながら自然が豊かな、飯能くすの樹カントリー倶楽部

飯能くすの樹カントリー倶楽部は、埼玉県飯能市で1995年より営業を行っているゴルフ場です。
東京都心からおよそ一時間程度でアクセスが可能であるという利便性が、何よりの利点となります。
そして、それだけ都会に近いところにありながら、自然が豊かであるという特徴を持っているので、都会の喧騒を忘れてラウンドすることが可能です。

景観の面での見所は、秩父連峰の稜線となります。
他のゴルフ場と比べると新しく作られているので、クラブハウスは近代的です。

クラブハウスは自然と調和して、訪れたプレーヤーの目を楽しませてくれます。
18ホールの距離は6711ヤードと、距離に関してはあまり長くはありませんので、豪快なドライバーショットを打ちたいという方にはやや不向きです。

丘陵地帯に作られていながら、高低差のほとんどないフラットな仕上がりとなっています。
フェアウェイはあまり広くは作られていないので、ラフに打ち込んでしまう可能性は高いです。

そしてバンカーは非常に数が多く、面積も大きめとなっているので、1ラウンドの間で何回も捕まってしまうでしょう。
バンカーと並んで定番の障害物である池は、飯能くすの樹カントリー倶楽部の中ではあまり見られません。

7番ホールと9番ホールにあるだけです。
どちらもグリーン周りにあるので、飛ばし過ぎには注意が必要となります。

ティーショットでの池越えはありません。
特にインコースの方は、さまざまなテクニックが求められるテクニカルなコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ