二つの18ホールがあり、ボリュームたっぷりの美加ノ原カンツリークラブ

美加ノ原カンツリークラブは、1961年京都府木津川市で開業したゴルフ場です。
広大な敷地を所有しており、18ホールを二つ備えているのが特徴となります。
ともに前田建造氏が設計を担当しており、丘陵地帯に作られていながらもフラットです。

あまり人の手が加えられておらず、元からあった自然がそのまま残っており、派手さはありませんが落ち着いた環境でプレーを行うことが可能となっています。

景観の面では、木津川を望むことができ、一番の見所です。
かもコースと呼ばれている18ホールは、大胆なレイアウトになっています。

バンカーは大きめ、池も同じく大きめの中をどう打つか、プレーヤーが明確なビジョンを持っていないと苦戦は必至です。
インコースは直線中心で打ちやすく、思い切って打つことができるでしょう。

バックティーから打った場合でも6500ヤードに達しません。
飛距離よりもテクニックとプレーヤーの経験値が重要となります。

みかさコースと呼ばれている18ホールは、バックティーから打った場合は6700ヤードを越え、距離の面では平均的な数字です。
アウトコースはストレートホール中心であり、距離も長いために積極的にショットを打っていって問題ありません。

インコースは逆に短めの、テクニカルなホールが中心なため、どちらかと言えばショットの正確性が重視されます。

同じコースでも前半と後半で趣きが大きく異なるので、飛距離とテクニックの両方が必要な難コースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ