美岳カントリークラブでは電磁誘導式乗用カートが導入されている

岐阜県可児郡御嵩町で1975年より営業されている美岳カントリークラブには、全てのコースで電磁誘導式乗用カートが導入されています。
丘陵地帯に作られていて移動が大変なのですが、電磁誘導式乗用カートなら楽に移動が可能です。
お年を召した方でも安心して楽しめます。

手塚誠氏により設計された9ホール構成の計3コース、通算27ホールはそれぞれ異なる特色を持っており、伊吹コースは最も長いことが特徴で多少のカーブはあるものの、ほぼ直線のホールが揃っています。

バンカーは大きめのものが多数配置されており、池越えもあるので易しくはありません。
御岳コースの9ホールは最も距離が短く、バンカーを始めとした障害物の面では特別に変わったことはないのですが、構成が変わっています。

9ホールの割合は、パー3、パー5のホールが二つ、残りはパー4というのが基本的な構成で、このコースはパー3、4、5のホールがそれぞれ三つあるのです。

恵那コースはほとんどが真っすぐに作られていて、最もオーソドックスな構成となっています。

バンカーも少なめですので、ゴルフにあまり慣れていない方に向いているコースです。
グリーンは共通してボールが高速で転がるという特徴を持っており、パッティングでは苦戦するでしょう。

利用料金が安めに設定されているということもあってか、多くの方が訪れています。
電磁誘導式乗用カートは便利ですが、事故に繋がる可能性もあるので気をつけて利用して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ