美祢カントリークラブは現在は新しくなっている

山口県美祢市で1977年より営業を行っている美祢カントリークラブは、現在は新美祢カントリークラブと名前を変えています。
ライオンゲイングループの株式会社エスイーエー・コーポレーションによって買収され、現在のゴルフ場の名前となりました。
丘陵地帯に9ホールで構成された3コースがあり、黒澤長夫氏が設計に携わっています。

東コースは林が多いところに作られており、フラットに近い仕上がりです。
またグリーンが一打目の時点で見えない、ブラインドホールがなく、最も打ちやすいですが、池越えに谷越えがあります。

フラットであるという特徴を最大限活かす必要があり、ティーショット以降もフェアウェイをキープ出来るかどうかが、スコアを伸ばす上で重要なポイントです。

西コースと呼ばれている9ホールも、同じく高低差はあまりなく、フラットに仕上がっています。
こちらの特徴は、バンカーや池が的確に配置されているという点です。

特に一部のホールでは、グリーン周りに多数のガードバンカーがあります。
これらの障害物をどう避けるかがスコアを上げるための鍵です。

オーソドックスなコースなので、実力がスコアに表れやすいです。
南コースは松林で区切られているのが大きな特徴となります。

OBを気にせず、思い切ったショットを打てるというメリットはありますが、曲がりくねったホールが多めでありグリーンが見えないことも多いです。
バンカーや池は少なめとなっています。
接客対応が良いと評判のゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ