アメリカンスタイルを採用している美里ゴルフ倶楽部

1981年埼玉県児玉郡美里町にオープンした美里ゴルフ倶楽部の最大の特徴は、アメリカンスタイルを採用しているという点です。
大きな池が複数見られ、浮島のショートホールである8番は名物ホールとなります。
バンカーが非常に多く設置されているという特徴もあり、これも難易度を高くしている原因です。

深いタイプのバンカーではないので、仮に捕まった場合でも脱出しやすいですが、その分バンカーの面積が広く作られています。
バックティーからの距離は7041ヤードと長く、パワーも欠かせません。

丘陵地帯に作られたコースですが、幸いにも高低差はほとんど無く、フラットな状態で打てます。
飛距離を出せて、かつ障害物を避けるコントロールも必要不可欠な、難易度の高い18ホールです。

変わった特徴としては、ティーグラウンドが広く作られている点が挙げられます。
ティーを置く位置によって距離が変わり、さらに難易度も変わるのは当然のことですが、ティーグラウンドの広いこのゴルフ場ではそれが顕著です。

ティーの位置によっては狙うポイントが全く異なってきます。

ティーは実力に応じて選ぶのが普通ですが、このゴルフ場では戦略にも大きく影響するので、いつも同じところから打つのではなく、異なるところから打つのも新鮮で良いでしょう。

本格的なコースを備えていることもあってか、値段設定はやや高めです。
しかし、コースのコンディションは抜群ですし、値段に見合ったサービスが受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ