浜田ゴルフリンクスは本場のリンクスコースを意識したゴルフ場

1997年、島根県浜田市に開場した浜田ゴルフリンクスは、その名前の通りリンクスコースを強く意識しています。
ゴルフの本場、イギリスで海岸沿いにあるコースのことを指す言葉であり、浜田ゴルフリンクスも日本海のすぐ近くにあるゴルフ場です。
リンクスコースの特徴として、海から流れてくる風の影響を受けやすいという点が挙げられます。

このゴルフ場でも当然、風の影響は無視出来ません。
さらに、18ホールの距離は7077ヤードもあり、国内では長い部類に入ります。

距離と風という二つの難敵が待ち受けているためか、コースレートは高めの73.2です。
18ホールの特徴としては、ティーグラウンドからグリーンが見られないホール少ないという点が挙げられます。

ほとんどがストレートに作られているので、ティーグラウンドからの見通しは抜群です。
距離はありますが、アップダウンが少なく、またフェアウェイも広く取られているので、豪快なショットを打ちたいという方には向いています。

景観の面では、まず近くにある日本海を臨むことが可能であり、これが一つ目の見所です。
もう一つは徹底的に人工物を排除している点となります。

ゴルフは自然の中でやるものだという考えをお持ちの方は、クラブハウスといった敷地内の施設以外で人工物が目に入ると嫌な感覚になることがあるでしょう。

このゴルフ場ではそのような人工物は見えないようになっています。
同時に、自然を活かした作りになっているので、リラックスした状態でのプレーが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ