旧富加カントリー倶楽部であるTOSHIN Golf Club Central Course

富加カントリー倶楽部は、岐阜県加茂郡富加町で1993年から営業を続けていたゴルフ場ですが、経営していた富加開発株式会社は2006年に民事再生法の申請をしています。
その後、名古屋市に本社を置く株式会社トーシンがスポンサーとなり、現在のTOSHIN Golf Club Central Courseという名前に改められました。
このゴルフ場の18ホールは、井上清次氏が設計を担当しており、監修に女子プロの森口祐子さんを迎えています。

これは経営会社が変わる前からの特徴であり、森口祐子さんが監修を担当していることでオープン当初は注目を浴びました。
トーシンゴルフセントラルコースの18ホールは、何と宇宙をテーマにしており、他のゴルフ場とは一味も二味も違うデザインが見所となります。

隕石やクレーターをイメージして作られたバンカーや起伏は、デザイン性に優れているだけでなく難度を高める役目も果たしているのです。

特にバンカーが非常に多く設置されており、グリーン回りのガードバンカー以外のところにも配置されています。
5番ホール、16番ホールには非常に大きなバンカーがあり、障害物ではありますが見所の一つです。

障害物である池の数自体は多くはありませんが、大きなものが各所にあり、6番ホールは池越えとなっています。

ブラックティーから打った場合の距離は7000ヤードを越え、ただ奇抜なだけのコースではありません。
多数の障害物を避ける技術と飛距離が両立していなければ、攻略は困難です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ