富貴ゴルフ倶楽部はアメリカンコースを取り入れている

1992年、埼玉県比企郡吉見町に開場した富貴ゴルフ倶楽部の18ホールは、アメリカンコースのスタイルを取り入れていることが特徴です。
黒澤長夫氏設計、岡本綾子プロ監修による18ホールはウォーターハザードが多く、かつ各ホールにまたがっており、美しい一面と、行く手を阻む一面を持っています。
そしてもう一つ、アメリカンスタイルでありながら、日本庭園の要素を取り入れている点も見逃せません。

和洋折衷の18ホールとなります。
各コースは木々でセパレートされているので、思い切ってショットを打つことが可能です。

全体的にフラットですので、ラフやバンカーに捕まらない限り、アンジュレーションに悩まされることもありません。
美しく見せたいというコンセプトにより作られたコースですので、プレーヤーはどこかしらに印象的なところを見つけることが可能です。

ただ景観が優れているだけではなく、戦略性も高めに設定されています。
ある程度の腕を持つプレーヤーならば、ティーグラウンドに立った時点でさまざまなルートを想定して打つことが可能です。

フェアウェイと違い、グリーンはアンジュレーションがありますので、パッティングの難易度は高めとなっています。
都心から比較的近いにも関わらず、利用料金は平均的な数字ですので、コストパフォーマンスは悪くありません。

景観が売りの一つであるので、18ホールのコンディションも常に良い状態に保たれています。
さまざまなレベルのプレーヤーに対応しているゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ