富士OGMエクセレントクラブと名のつくゴルフ場

富士OGMエクセレントクラブと名前につくゴルフ場は複数存在します。
一つ目は三重県津市にある一志温泉コースです。
1999年開場と、歴史は浅いですが、ゲーリー・プレーヤー氏により設計された18ホールはフェアウェイが美しく、独自性を持っています。
さまざまなレベルの方が楽しむことが可能であり、また名前にある通り温泉もあるので、レジャー感覚で訪れても良いです。

伊勢大鷲コースは小林光昭氏の設計により、1998年に開場しました。
鈴鹿山麓と青山高原を望むことが可能であり、景観の面で優れています。

ゴルフ場の中央にある大きな池は見所であるのと同時に、各ホールにまたがっており、障害物として立ちはだかることとなるでしょう。
18ホールは7033ヤードとかなり長く、ボールを飛ばす力がスコアメイクには欠かせません。

レートも73.5とかなり高めに設定されています。
伊勢二見コースは、三重県伊勢市に1999年に開場したゴルフ場です。

18ホールの設計は加藤義明氏が担当しています。
リゾートコースとして知られており、楽しむプレーに向いているゴルフ場です。

基本的には打ちやすく作られていますが、良いスコアを叩こうとする場合はもちろん相応のテクニックが必要となります。

御嵩花トピアコースは、岐阜県可児郡御嵩町に1998年に開場したゴルフ場で、フレッド・カプルス氏にが設計を担当しており、戦略性を高めた18ホールです。

手持ちのクラブを総動員しないと、スコアアップは望めません。
エクセレントクラブという名前がついていますが、料金は抑えられているところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ