ボリュームがありながらも安めな富士カントリー笠間倶楽部

1978年より茨城県笠間市で営業を開始した富士カントリー笠間倶楽部は、全27ホールがあり、茨城県の中でも屈指の広さを誇ります。
コース設計を担当したのは富澤誠造氏と富澤廣親氏の二人です。
ゴルフ場設計の世界で巨匠と呼ばれている富澤誠造氏と、その息子である富澤廣親氏が共同で設計した、全国でも珍しいコースとなります。

東コース、南コース、西コースそれぞれが9ホールあり、どのコースもフラットであることが特徴です。
富士カントリー笠間倶楽部の27ホールは丘陵地帯に作られていますが、高低差がないように作られているので、ショットの打ちやすさは抜群となります。

また、ウォーターハザードがあまりないという点も特徴です。
南コースの後半に大きめのウォーターハザードが散見出来ますが、ボールの通り道とはほぼ関係ありません。

池越えのホールはないので、苦手としている方でも安心して打つことが可能です。
また、ティーグラウンドからグリーンを見ることが可能なホールがほとんどであるという点も嬉しい点と言えます。

わずかにドッグレッグ気味なホールはありますが少数であり、全体的に打ちやすく、爽快感を味わうには向いているゴルフ場です。
本格的な27ホールを備えていながら、利用料金は安めに設定されているので、ビジターの方でも気軽に向かうことが出来ます。

安めの利用料金ながら、フェアウェイやバンカーの状態は常に良好であり、どのシーズンに行っても楽しむことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ