富士チサンカントリークラブはどのコースも最終的に富士山へ向かう

富士山周辺はゴルフ場が多く存在しますが、位置によっては富士山をあまり見られないということがあります。
その点、静岡県富士宮市にあるゴルフ場、富士チサンカントリークラブは9ホールを3つ所持しているにも関わらず、全てのコースの最終ホールで富士山に向かってティーショットを打つように作られているのです。
最後に気持ち良く終われる設計となっているため、爽快感が得られます。

春日井薫氏により設計された駿河コース、富士コース、白糸コースはそれぞれが9ホールで構成されており、計27ホールと広大な敷地を持ったゴルフ場です。

その広さを最大限に活かしており、各ホールは松や杉に檜といった木々で完全にセパレートされています。
OB杭が無いのも特徴で、フラット気味に作られているので思い切り飛ばすことが可能です。

アンジュレーションがあるものの、プレーに大きく影響を与えるほどではありません。

また、グリーン手前はバンカーやラフで囲んでいるところが多いですが、エプロンがしっかり取られている点も初心者の方には有難い設計と言えます。

全体的には易しめですが、グリーンは高速でボールが動くので苦戦するでしょう。
値段は安めに設定されており、ゴルフ初心者の方にも向いています。

安めですがコースのメンテナンスも悪くなく、欠点は特にありません。

強いて難点を挙げるとすれば、若干短めのホールが多いので、豪快なショットを持ち味としている方はその力を全て発揮出来ない可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ