36ホールを持ちながらも手頃な値段設定の富士ロイヤルカントリークラブ

富士ロイヤルカントリークラブは、山梨県南巨摩郡南部町にあるゴルフ場です。
西コースと東コースの二つの18ホールを持ち、計36ホールと広大な土地を持っているのが特徴となります。
杉本英世プロが36ホールの設計を担当しており、景観の面での目玉は富士山です。

富士山に近いところに位置しており、見通しも良いのでよほど天気が悪くない限り、そびえる富士山を望むことが可能となっています。
景観の面では、東コースの方が優れていると言えるでしょう。

一方で、ゴルフコースとして見ると、どちらも似たようなタイプの18ホールです。
距離はあまりなく、テクニック重視である点で似ています。

ドッグレッグ、ブラインドといった要素も共通しており、差はあまりありません。
どちらも高低差がそれなりにあり、ここも似ている点です。

36ホールがあるというのは大きな売りと言えるのですが、コンセプトが似ているのであまり利点として働いていません。
料金に差はないので、空いている方を利用するという感じでも問題ないでしょう。

値段は全体的に抑えられており、この点は魅力的と言えます。
ただ、リーズナブルなゴルフ場にありがちな問題として、人が多く訪れていて忙しなくプレーすることになるという点があります。

富士ロイヤルカントリークラブでも同様の現象があり、利用客が多いという状態を嫌う方には向いていないでしょう。
芝のコンディションや、クラブハウスのサービスについては値段相応のもので、特別良いわけでも悪いわけでもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ