富士三次カントリークラブは土日祝でも利用料金が1万円を切る

富士三次カントリークラブは、1977年広島県三次市に開場しました。
このゴルフ場は利用料金が安めに設定されているのが最大の特徴です。
全27ホールと広大な土地を使い、ラウンドすることが可能でありながら、土日祝でも利用料金は9000円に設定されています。

また中国地方のちょうど中央に位置しており、広島県だけでなく付近の県からも訪れることが可能であり、交通の便も良いゴルフ場です。

丘陵地帯に作られた3コースは中村寅吉氏が設計を担当しており、値段は安めですが本格的な27ホールとなります。
景観の面でも優れており、元にあった地形を最大限に活かした構成です。

ウォーターハザードが特に多く、どのコースでも池越えがあるという特徴を持っています。
この池には橋がかかっている箇所があり、景観面での見所となっています。

ドッグレッグに打ち上げや打ち下ろしとプレーヤーにとって難関となるところが多く、プレッシャーとの戦いになるのは避けられません。
OBに指定されている箇所が多く、思い切って打たないといけない場面でコンパクトに打ってしまうこともあるでしょう。

プレーヤーの視点では、嫌な位置に障害物が配置されており、上手くいかないこともあります。
しかし、富士三次カントリークラブは楽しむことに重点を置いたゴルフ場ですので、スコアを気にしないことも時には必要です。

格安であるという特性上、訪れるプレーヤーは多めとなっています。
コンディションは悪くはありませんが、多くの方が利用されているので良い状態とは限りません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ