世界遺産に登録された富士山を望むことが出来る富嶽カントリークラブ

1986年、静岡県静岡市に開場した富嶽カントリークラブは、富士山の近くに位置しています。
世界遺産に登録された、そびえ立つ富士山を敷地内のあらゆる箇所から望むことが可能であるのが特徴です。
富士山だけでなく、木々が非常に多く大自然に囲まれているので、景観は抜群と言えます。
この富嶽カントリークラブの18ホールでゴルフをプレーするに当たっての最大の特徴は、距離です。

総距離は8063ヤードであり、日本で一番長いコースに輝いています。
二番目に長いところは7500ヤード台であり、このゴルフ場の距離の長さは際立っていると言えるでしょう。

トータルパーは他のゴルフ場と同じく72です。
そのため、スコアを伸ばすことを目的とする場合、プレーヤーに求められるのは何よりも飛距離です。

寄せのテクニックが上手い方は多くのゴルフ場で安定した成績を叩くことが可能ですが、富嶽カントリークラブのような長距離のコースでは打数が増えてしまいます。

もちろん、グリーンに近づいた時には寄せのテクニックが必要ですが、それだけではスコアは安定しません。
逆に、あまりスコアを気にしない、楽しむことが目的とする場合は自由にショットを打つことが可能です。

アップダウンは若干ありますが、プレーに影響することはほぼありません。
コースの状態も非常に良好であり、十分に楽しめるでしょう。

会員しか予約が出来ないとまではいきませんが、名門ゴルフ場ですので、マナーや服装は厳し目にチェックされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ