佐賀県内のゴルフ場の中では歴史のある武雄カントリークラブ

佐賀県武雄市にある武雄カントリークラブが誕生したのは、1965年のことです。
この時点で佐賀県にはゴルフ場が2つしかなく、佐賀県内で三番目に作られた歴史のあるゴルフ場なのです。
開場時は9ホールしかありませんでしたが、1974年には9ホールが増設され、現在の18ホール体制となりました。

後に増設した、という経緯から、コース設計者は伊津野勉氏に阿部恒雄氏と二人いらっしゃいます。
しかし、その事実を知らなければ、18ホールの中で設計者が違うということには気づかないでしょう。

コースが全体的にフラットであり、また池越えがあるという点でもに似ています。
グリーンが2つ用意されているのも同じです。

バンカーの数が多く、谷越えもあり、自然を活かした障害物が多数あるという特徴を持った難コースと言えます。

バックティーから打った場合、アウトコースでもインコースでも3300ヤードと距離は抑えられており、ボールを飛ばしていくプレーには向いていない18ホールです。

障害物の多さもあり、細かく刻んでいくテクニックが何より重要となります。
利用料金はビジターの場合、平日で10000円、土日祝で15000円であり、平日に関してはやや高めと言えるでしょう。

毎週月曜日はセルフプレー限定であり、この曜日はビジターでも7300円で利用が可能ですので、お得にプレーしたい場合は狙い目です。

また具体的な内容は不明ですが、インターネットを見て予約した方には特典もあるようですので、公式サイトを見てから予約するのをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ