伏尾ゴルフ倶楽部は大阪から近く、宿泊プランが豊富にあるゴルフ場

伏尾ゴルフ倶楽部があるのは、大阪府池田市です。
大阪市内や、大阪国際空港から非常に近く、特に京阪神からのアクセスに優れています。
このゴルフ場は、宿泊プランを多数用意しているのが特徴で、同じく池田市にある温泉旅館、不死王閣と提携しており、平日限定ながら温泉旅館の宿泊とゴルフの両方を楽しむことが出来ます。

また、大阪府吹田市にあるホテル阪急エキスポパークとも提携しており、こちらも平日限定ですが、宿泊とゴルフがセットになったプランが用意されています。

自動車、タクシーを利用する場合は、どのルートを選んだ場合でも、最終的には阪神高速道路の大阪空港出口に辿り着くでしょう。
そこから国道423号線まで出て、ゴルフ場に向かいます。

最寄り駅は能勢電鉄の鼓滝駅で、駅からゴルフ場までは10分程度の距離となります。
もしクラブバスを逃した場合には、タクシーを利用して下さい。

自動車を利用した場合、大阪市内から30分程度で到着します。
電車だと乗り換えがあるのでもう少しかかりますが、極端に差がつくことはまずありません。

村島良雄氏の設計により、1962年にオープンした伏尾ゴルフ倶楽部は、敷地内に東コース、南コース、西コースの3つの9ホールがあります。
東コースはフェアウェイが広く取られていて、距離もある9ホールです。

また眺めも優れており、天気が良い場合は、大阪湾まで見渡すことが可能となっています。
南コースは、アンジュレーション、うねりが多く池越えもあるテクニカルなコースです。

西コースは短い距離ながら、グリーンが複雑な形をしており、ラインが読みづらいという特徴を持っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ