宿泊パックが多数用意されている、米子ゴルフ場

鳥取県米子市にある米子ゴルフ場のコース設計を担当したのは上田治氏です。
海岸沿いにあるコースは平坦になりがちですが、そこは現在でも名が語り継がれ、巨匠と呼ばれている氏が設計しただけあって、アンジュレーションが適度にあります。
しかし全体的には打ちやすく作られているので、初心者でも十分に楽しめる18ホールです。

コースレートは70.4であり、氏が手がけたゴルフ場の中では低めの数字となっています。
厄介なのはアウトコースの方で、ウォーターハザードとアンジュレーションが合わさって、なかなか思い通りにボールを運ぶことが出来ません。

一方で、インコースはほぼフラットであり、また距離もある為、飛距離を出したい方には向いています。
スコアを伸ばしたい場合は、アウトコースでどれだけマイナスを抑えられるかが鍵です。

景観面での見所は多数有り、まず美保湾や日本海を、南には雄大に聳えている大山を望むことが可能であり、更に18ホール内の木々も見所です。

料金は安めに設定されており、平日でセルフの場合7,990円、キャディ付きでも9,990円となっています。
土日祝の場合はセルフで10,290円、キャディ付きで12,290円です。

また、パブリックコースである為、利用者同士の上下関係はありません。
米子ゴルフ場の近くは観光地としても知られており、多くの宿泊施設があります。

正式に提携してはいませんが、ホテルや宿に泊まって打てるプランが多数用意されているのも特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ