法隆寺カントリー倶楽部は吉野連山を望むことが可能

法隆寺カントリー倶楽部は、奈良県生駒郡にあるゴルフ場です。
名前にある通り、法隆寺を始めとした仏教にまつわる建造物が周囲に多数あります。
これらは世界遺産に登録されていることでも知られており、多くの観光客の方が訪れる地です。

一方で、ゴルフにはあまり合わない光景であるのも確かで、法隆寺カントリー倶楽部の敷地内のプレイヤーが気にならないように作られていて、松林により各ホールがセパレートされているのが特徴の一つです。

丘陵地帯に作られており、遠くには奈良市街、そして吉野連山を望むこともできます。
松山圭司氏により設計された18ホールは、起伏が少ないという特徴を持っており、打ちやすく多くの方が楽しめるコースです。

また前述の通り、セパレートされていますので、OBが出にくいという利点もあります。
火曜日がセルフデーにされており、それ以外の日はキャディ付きです。

セルフデーである火曜日でビジターの場合、8,500円で昼食付きというお手頃な価格となっており、その他の平日の場合、11,500円から11,800円であり、やや高めです。

土日祝でビジターの場合は12,300円から17,000円となっています。
お得なプランがありますので、予約はインターネットから行うと良いでしょう。

奈良市街や、大阪から近く、車を利用して向かう場合は、西名阪自動車道の法隆寺インターチェンジを下りて4km程の距離です。
電車を使う場合は、JR王子駅、法隆寺駅から送迎バスを使うこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ