温暖な気候のお陰でコンディションの良い豊岡国際カントリークラブ

静岡県磐田市にある豊岡国際カントリークラブは、1976年のオープン以降多くの人に親しまれてきたゴルフ場です。
海洋性の温暖な気候であるという特徴があり、冬の時期でも問題なくゴルフを楽しむことが出来ます。
雪が降らないわけではありませんが、その可能性は限りなく少なく、年間を通して快適なプレーが可能です。

景観の面では、ゴルフ場内の自然も見所ですが、太平洋海域の遠州灘を遠くに望むことが可能であり、海岸沿いならではの風景を楽しむことが出来ます。

豊岡国際カントリークラブは9ホールが3つ、計27ホールを擁しているのですが、その使い方は少々変則的です。
27ホールを持つゴルフ場の多くは、3つの中から2コースを選び18ホールをラウンドします。

豊岡国際カントリークラブでは、獅子ヶ鼻コース・不動コースの計18ホールを回るか、岩室コースを2ラウンドして18ホールのプレーとするかのどちらかを選ぶこととなり、定められた組み合わせでしか回れません。

獅子ヶ鼻コースはテクニックが重視され、不動コースはフラットであり飛ばしたい方に向いています。
こちらをセルフプレーする場合、平日で9,500円、土日祝で13,600円から15,800円、キャディフィーは2,000円です。

岩室コースは全体的に短めなのですが、フェアウェイをキープするのが難しい独特の9ホールです。

こちらはセルフのみであり、平日の場合3,900円、祝祭日の場合でも5,750円から6,300円という安さとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ