北上カントリークラブの18ホールは東北地方屈指の難コース

岩手県北上市にある北上カントリークラブの18ホールは、およそ標高200メートルの地帯に作られた丘陵コースです。
高低差はあまりなく、殆どのホールがフラットであり、若干の打ち下ろしがある程度となります。
総距離はバックティーの場合7000ヤードを越えますので、飛距離やパワーが不可欠です。
一方で、ただ飛ばすだけではスコアを伸ばすことは出来ません。

ドッグレッグのように極端な曲がり方はしていませんが、ショートホール以外はグリーンまでの何処かで曲がっています。
その為、フェアウェイをキープすることが困難なコースです。

またフェアウェイこそフラットですが、それ以外の箇所はアンジュレーションがあり、一度ラフやバンカーに捕まった際には挽回するのが難しく、打数のみが増えていくことも珍しくありません。

コースレートはバックティーの場合72.9と高く、東北地方でも特に難しい18ホールの一つです。
北上カントリークラブへの移動方法は、自動車か電車の2通りがあります。

自動車の場合は東北自動車道、秋田自動車道を経由し、北上西インターチェンジで下りてから3km程の距離です。
電車を使う場合は、最寄り駅である東北新幹線の北上駅まで向かい、そこからタクシーで20分程の距離になります。

利用料金は、ビジターで平日、セルフの場合は7,400円、キャディ付きで10,000円、土日祝でセルフの場合は9,800円、キャディ付きで12,400円となり、格安ではありませんが安めの部類に入ります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ