27ホールのチャンピオンコースを持つ麻生飯塚ゴルフ倶楽部

1973年、福岡県嘉穂郡に開場した麻生飯塚ゴルフ倶楽部は名門ゴルフ場として知られています。
プロトーナメントも数多く開催されたゴルフ場であり、プレー料金は高めです。
基本的にキャディ付きであり、ビジターで平日の場合は10,800円から13,800円、土日祝の場合は16,800円から18,800円です。

月曜日だけは例外で、セルフ限定であり、それでも8,800円から9,800円であり、10,000円には届かないものの高めとなっています。

薄暮9ホールのラウンドもあり、こちらはキャディ付きで5,700円からと非常に安くなっていますが、当日予約であり、プレーが出来るかどうかは当日でないと分かりません。

また、スタート時間もその日の利用状況に作用されるというデメリットがあります。
そして重要なのが、メンバーの紹介か同伴が必須であるという点です。

紹介してくれる方がいないとプレーすることは不可能です。
インターネットでの予約も受け付けていますが、利用にはメンバーの紹介が必須であることを考えれば、電話の方が確実でしょう。

麻生飯塚ゴルフ倶楽部には、ブルーコース、ホワイトコース、グリーンコースと呼ばれている3種類の9ホールがあります。
ブルーからホワイトを使った18ホールは、総距離が7106ヤードとなり、遠くに飛ばす技術は必須でしょう。

丘陵地帯に作られていますが、高低差は殆ど無くフラットです。
しかし、適度にアンジュレーションが有りますので、ボールが曲がりやすい方は特に苦しむこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ