旧満濃ゴルフ倶楽部である、満濃ヒルズカントリークラブ

香川県仲多度郡にあった満濃ゴルフ倶楽部は、一度解散した後、満濃ヒルズカントリークラブと名前を変え、現在も営業を続けています。
かつては三越不動産が満濃ゴルフ倶楽部を経営していましたが、2006年に今治造船グループへの譲渡が発表され、2007年に経営交代した際に現在の名前に変更されました。
香川県の県庁所在地である高松市を始め、丸亀市や観音寺市からも近く、利便性は良いです。

車を使えば四国各地から訪れることが可能であり、また瀬戸大橋からも近いので、岡山方面からも訪れることが可能となっています。
電車を利用する場合の最寄り駅はJR土讃線の琴平駅、高松琴平電鉄の琴平駅であり、タクシーで30分程度の距離です。

このゴルフ場の18ホールを設計したのは、日本ゴルフコース設計者協会に名を連ねる大久保昌氏であり、広大な森林の中に作られたコースは景観が優れています。讃岐山脈の稜線が遠くに見え、木々とのコントラストが見所です。

基本的にはフラットなのですが、打ち上げ、打ち下ろしのホールも見られます。
ドッグレッグであるホールが多いのも特徴であり、正確に飛ばす技術が求められるコースです。

プレー料金は、ビジターで平日の場合11,450円、土日祝の場合は18,800円となっています。
土日祝については極端に高いというわけではありませんが、平日についてはやや高めです。

公式競技やオープンコンペが頻繁に開催されていますので、試合で腕を見せたいという方は参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ