妙高高原ゴルフ倶楽部は宿泊プランも充実しているゴルフ場

新潟県妙高市に聳え立つ妙高山の麓にあるゴルフ場が、妙高高原ゴルフ倶楽部です。
1999年に設立されたゴルフ場で、サービスが行き届いており、多くの方に愛されています。
岡田隆生氏によって設計された妙高高原ゴルフ倶楽部の18ホールは、林間コースであり、フェアウェイ部分は基本的にフラットです。

しかし少しボールが逸れ、ラフやバンカーに捕まると、角度があることもあり立て直しは難しくなります。
他にもウォーターハザードが多く配置されており、スコアの伸びを妨げるでしょう。

飛距離より、テクニックが重要な18ホールで、妙高高原を見渡せる景観も魅力です。

アクセス方法としては、車と電車の2種類です。
特に車でのアクセスがしやすい環境にあり、上信越自動車道の妙高高原インターチェンジの出口からすぐのところに位置しています。

電車を利用する場合は、信越本線の妙高高原駅に向かって下さい。
駅からはタクシーを利用してゴルフ場に向かうこととなり、送迎については行われていません。

このゴルフ場の特徴として、アメリカンセルフという方式のサービスが行われていることが挙げられます。
これはゴルフのプレーのみを提供するもので、クラブハウスを始めとした各施設の利用は不可ですが、安く利用することができます。

また、ゴルフ場周辺は観光地であることから、近隣のホテル、ペンション、民宿といった宿泊施設を利用するプランも用意されています。
ペンション、民宿を利用し、平日の場合は1万円台で宿泊とラウンドが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ