名古屋広幡ゴルフコースはマーシャルナビを導入する等、豊富なサービスが売り

昭和51年に愛知県豊田市に開業した名古屋広幡ゴルフコースは、積極的に新しい設備を導入しています。
自動精算機の対応に、電磁誘導乗用カートの導入、GPSマーシャルナビの導入と、新しいシステムを取り入れていく姿勢を見せており、時代が進むにつれ同じく進化し続けているゴルフ場です。
アクセスの面では、車の場合、東名高速道路の名古屋インターチェンジからおよそ25分、三好インターチェンジからおよそ20分、豊田インターチェンジからおよそ30分となります。

名古屋から近く、東海地区にお住まいの方ならアクセスしやすいところに位置しているゴルフ場です。
周辺に電車も走ってはいるのですが、やや距離があるのでタクシー代が高くなります。

料金は平日の場合11075円、土日祝は16325円とやや高めの設定です。
基本的にセルフプレーのみであることも大きな特徴と言えます。

前述の電磁誘導乗用カート、GPSマーシャルナビがあるので、キャディーさんを頼りにしなくてもラウンドすることが可能です。

GPSマーシャルナビを導入しているところはまだまだ少ないですが、ラウンド中に各コースの情報を見ることが出来ますので、事前にリサーチしていない場合でも指標を立てることも出来ます。

名古屋広幡ゴルフコースの18ホールの殆どは打ち下ろしとなっており、全体的に打ちやすいコースです。
バンカーの数は多めですので、フェアウェイを外れるとスコアは伸び悩みます。

GPSマーシャルナビを活用して乗り切って下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ