水と森が美しい名神竜王カントリー倶楽部の難易度

丘陵、林間コースで大小様々な美しい池が印象的な水と森のコースとして、名神竜王カントリー倶楽部があります。
フラットな恵まれた地形に展開するコースには樹齢を重ねた赤松がゴルフ場のシンボル的な存在となっており、フェアウェイには自然のうねり、大小の池がハザードとしてレイアウトされているポイントもこのコースを攻略するには無視できない存在となっています。

18番ホールにある池は約2万mと大きく、ゴルフをプレイしている時にでも意識してしまうことからプレーに飽きが来ない仕上がりです。

このコースの特徴としては後半の18番ホールの攻略法で、2つの池を越えないといけないので、ティショット次第では大きく戦略が変わってしまうコースとなっています。

水と森のコースに相応しく、美しい自然が難易度を高くしています。
イベントも毎月に数回イベントが行われており、他のゴルフ場と比較しても頻繁に行われています。

その為、気軽に参加することが出来るので、初心者からアマチュアまで様々な人が参加するイベントであり、参加賞なども用意されているので、参加して損することはありません。

吹き抜けと木の温もりを大切にしたクラブハウスにはコンペルームやレストランなどが完備されており、プレー後の疲れを癒す浴場もあるので、ゆったりと湯に浸かって疲れを癒すことも出来ます。

レストランには名物の「白い麻婆豆腐」や「天ざる桜うどん」があるので、ゴルフ以外の楽しみも完備されているので、何度でも行きたくなるゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ