標高700mの位置する名倉カントリークラブの楽しみ方

標高700mから800mに位置するコースとして名倉カントリークラブがあります。
高原コースとして27ホールが完備されており、約140万mのゆるやかな丘陵地には東コース、中コース、西コースの3つのエリアがゴルフの楽しさを再認識させてくれます。
ティグランドを使い分けることで、あらゆるレベルのゴルファーでもレベルに応じてエリアを選択できる特徴は押さえておきたいポイントです。

フェアウェイから下に見える田園風景は圧倒的な解放感を感じることが出来るものであり、自然を接するゴルフそのものを楽しませてくれる要素となっています。

標高が高い高原にゴルフ場があることから、夏でも涼しい避暑地としてプレーを快適に満喫することが出来ます。

コースは中嶋常幸プロがゴルフを楽しみたい全てのゴルファーの為に設定に携わっており、3つのエリアを使い分けることにより、ビギナーからアベレージゴルファー、シニア、レディースと様々なゴルファーが楽しませてくれるレイアウトデザインとなっています。

その為、3エリア9ホールづつ、計27ホールが名倉カントリークラブの特徴となっています。
その為、料金も基本6080円。

比較的に安い価格設定でありながらも、期間限定ラウンドにもなると昼食付きで4500円から5150円。

ハーフラウンドプレイにも3055円からなので、気軽にゴルフを楽しみたい人が入りやすく、ビギナーゴルファーでも練習するコースとしてはお勧めなゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ