温泉が特徴的な明世カントリークラブの特徴と絶景

各ホール、完全に樹木に包まれた自然林の中にある18ホールとして明世カントリークラブは誕生しました。
このコースと特徴としてはやはり、自然の壮大さを実感できるポイントであり、春には自然の花木や樹木の美しいロケーション、夏には緑濃く輝く樹木との鳥のさえずり、秋には紅葉が広がる光景に澄み切った青空、冬には遠く彼方のアルプスの山々を見ながらと四季折々の姿を持つコースに仕上がっています。

コース自体としては2番ホールは550ヤードと近い距離のロングコースです。

中には石庭越えのショートホールも存在もしているので、新しいホールのたびに戦略的な思考を働かせないといけない部分もゴルフプレイヤーから人気の理由の一つです。

ゴルフと言うものをより一層楽しいものとしてくれています。

その他の特徴としては温泉がゴルフクラブにあるところで、泉質にはアルカリ性単純温泉となっており、健康回復、神経痛、筋肉痛などに効果があります。

特に胃腸機能の活性化を発揮する効果もあることから、ゴルフの疲れ以外にも日頃の生活で蓄積された疲れも癒してくれるのも明世カントリークラブの魅力の一つです。

イベントなども多く行われており、料金が安くなるイベントを利用すれば、特別料金での利用も可能となっています。

毎月22日にはいい夫婦の日でメンバー5670円、ゲスト平日8220円、土日祝11220円となっているので、夫婦でゴルフを行う人にはおすすめなゴルフコースになっているところにも注目しておきたいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ