絶景な景観が広がる明日香カントリー倶楽部

明日香カントリー倶楽部は丘陵なゴルフコースとなっています。
遠景の山並みと連動するグリーン周りのマウンドや効果的に配置された谷やバンカーなどはこのコースの見た目のバランスの良さが特徴的と言えるうえ、戦略性の高いホールデザインは1打を慎重に打たないとスコアにならない難易度なので、かなり頭脳的プレイが要求されるのもこのゴルフ場の醍醐味の一つです。

名物ホールは100坪もある大きなグリーンがあるなど、各ホールには様々な特徴があり、1度訪れただけでは攻略することが難しく、何度でも訪れたい場所に仕上がっています。

クラブハウスもログ造りの高級感あふれる施設で、宿泊施設も完備されていますので、ゆっくりとしたくつろぐ環境も整っています。
標高500m以上の高台にあるので、夏でも涼しく、何度でも訪れたいゴルフコースです。

前半の9ホールはロケーションが素晴らしい雅コースは、美しい光景が特徴的でありながらも難易度が高いです。

1度のプレイでは良さと難しさを理解することが出来ず、泊りがけをしても何度でも挑戦したく仕上がりであり、後半9ホールの匠コースは雅コースと比較しても自然さよりも人工的に感じることが多く、テクニックが要するエリアになっています。

グラスバンカーや小さなマウンドが数多く設置されていることから、明日香カントリー倶楽部の中でも難易度が高いコースです。

その為、全国的に見ても、戦略性が高く、資質を十分に持ち合わせており、設計者の加藤俊輔の世界が随時展開する楽しさを味わえるゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ