立川国際カントリー倶楽部は都内で唯一二つの18ホールがあるゴルフ場

立川国際カントリー倶楽部は、東京都あきる野市にあるゴルフ場です。
アクセス手段としては車と電車があり、車の場合、中央自動車道か圏央道を使う必要があります。
電車の場合は最寄り駅であるJR福生駅まで行って頂き、クラブバスかタクシーのどちらかでゴルフ場に向かうこととなります。

立川国際カントリー倶楽部は都内にあり、アクセスし易い環境にあるにも関わらず、2つの18ホールがある広大さが魅力です。

まず草花コースと呼ばれる18ホールは、極端にではありませんが、ほぼ全てのホールでアンジュレーションがあり、また川越えや池越えもある為テクニックが重要となってきます。

特にグリーンでのアンジュレーションは、苦しめられる方が多く出るでしょう。
もう1つの奥多摩コースと呼ばれる18ホールは、東京都アマチュア選手権の決勝にも使われています。

景観も優れており、6番ホールと7番ホールの間はトンネルをカートで抜ける必要があるのですが、秋口になるとこの時に紅葉を間近で見ることが出来るのです。

競技大会に使われていますので、ただ景観が良いだけではなく、様々なテクニックが必要となる難易度の高いコースとなります。
料金については、ビジターの場合、奥多摩コースが平日で15500円、土日祝が18000円という値段設定です。

草花コースの方は平日、土日祝共に1500円高くなっています。
特に平日はどちらにせよ高めの設定です。

セルフデーというものがありますが、その日以外はキャディー付きが原則となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ