加藤俊輔設計の美しいコースが特徴、ニュー南総ゴルフ倶楽部

ニュー南総ゴルフ倶楽部は、千葉県市原市にあるゴルフ場です。
まるで整備された公園を思わせるような美しいラウンドが広がります。
ティに立つと展望台に登ったような眺望を楽しむことができ、フェアウェイを歩くだけでも散歩しているようなのどかな雰囲気があります。

国内外70余のゴルフ場を設計してきた加藤俊輔の設計で、ファンにとっても、また世界的に有名な加藤氏のコースをプレーしたい人にはうってつけのコースとなっています。

平坦な地形が続き、ブラインドになることも少ないので、初心者でも楽しんでプレーすることができますが、随所に施されているハザードが、ポイントポイントで戦略を要求される絶妙な設計になっています。

グリーン奥にはハザードが無く、オーバーしたとしてもリカバリーは容易で、初心者には優しくなっています。

これと言った特徴がないように思えますが、戦略性を高めることによって、スコアアップができるということで、上級者にとってもやりがいのあるコースです。

都心からアクセスが便利なことと、プレーしやすくキレイなコースということで人気がありますが、その分やや割高な料金設定になっています。

そして、以前からの南総ゴルフ倶楽部のファンには、改修されたことによって、加藤氏の設計思想が薄まってしまっている点が残念にうつるかもしれません。

メンテナンスはしっかり行き届いているので、接待からカジュアルまで幅広くプレーできるので、初級者から中級者にとっては魅力的なコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ