民事再生法適用後、新しく生まれ変わったバークレイカントリークラブ

バークレイカントリークラブは、栃木県日光市にあるゴルフコースです。
1979年にオープンした歴史あるコースなのですが、正式に「バークレイカントリークラブ」となったのは、大規模なコース・クラブハウスの改造を実施した1991年のことでした。
当時は会員数約1800名を擁する大規模なゴルフ場としてもファンの間で名をとどろかせていましたが、その人気も最近は落ちてきて、ついに2013年4月18日に宇都宮地裁へ民事再生法の適用を申請することになりました。

ただしそれでこのクラブ自体が無くなってしまうということはなく、親会社のシグマが運営を引き継ぐことになって、「新バークレイカントリークラブ」としてリニューアルオープンすることになりました。

コース自体は丘陵になっていて、フェアウェイは広く長くフラットで、カジュアルにゴルフを楽しみたい人にオススメのコースとなっています。

グリーンのアンジュレーションは平均850㎡になっていて、カジュアルながらもテクニックが要求される、程よい難易度のコースです。

コース状に存在するハザードは、プレーヤーにプレッシャーを与えるものでありながらも、枯山水を配した日本庭園を思わせる美しい景観を形作っています。

全体的に手入れが行き届いていて、その点でも高評価を得ています。

交通アクセスが多少良くないのが欠点となっていますが、利用料金が比較的リーズナブルなことから、リピーターも多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ