タラオカントリークラブは西日本随一の広さを誇る丘陵コース

総面積500万平方メートルという広々とした敷地に計36ホールの東・西の2コースのタラオカントリークラブは滋賀県甲賀市にある総合リゾートゴルフ場です。
東コースはOBゾーンも少なく豪快なショットが楽しめる一方、西コースはビーチバンカーや二段フェアウェイ、そして11のホールが池に絡む造りとなっている難易度の高いチャンピオンコースといえます。

東・西ともに全長7220ヤード・パー72となっています。
高速道路からゴルフ場へのアクセスは名阪国道大内ICからは北に20分の距離です。

新名神信楽ICからは40分となります。
京都・大阪方面からは京滋バイパス笠取ICからのアクセスが便利です。

OB杭も気にならない思い切ったティーショットが打てる東コースですが、右サイド一面に広がる池がプレッシャーとなる4番のロングホールはロングヒッターには要注意です。

17番ショートホールも目の前に大きな池が我々を待ち構えています。

一方、本格的なチャンピオンコースで上級者からの支持も高くあり、西コース、13番、14番とフェアウェイサイドにはティーグランドからグリーンまで池というプレイヤー泣かせのホールが連続します。

特に14番は左は池、右はOBと、ティーショットまで全く気が抜けないホールです。
ゴルフ場のクラブハウスでは美味しいと評判の食事と心身ともに癒してくれる大浴場など、ホスピタリティあふれる歓迎を受けられます。

また、タラオカントリークラブと併設されたリソート施設「ホテルレイクヴィラ」の宿泊パックがゴルファーたちにとても人気です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ