日本各地に関連施設のあるサンリゾートカントリークラブの攻略法は

サンリゾートカントリークラブはペレニアルライグラスのゴルフ場で、真冬でも鮮やかな緑の芝生を回ることができ、ティーグランドからグリーンまでを見渡すことができるので、プレイ計画を立てやすいのが特徴です。
利用料金は平日時間限定、土日祝日で設定が異なり、季節によっても料金の変動があります。

基本的には4人1組でラウンドをしますが、日にちによっては2サムでも利用可能となっています。
コースは1つで18ホール、パー72、総距離6758ヤードです。

そして、18ホールの内パー3ショートコースの中で最も短いのは7番の163ヤードですが、ティーからグリーンまでの間には池がありますので少し大きめのクラブを利用するのが確実です。

また、もっとも長い13番はパー5の523ヤードで、ドッグレッグとなっていて、攻略するには左サイドにあるバンカーに対する注意が必要となります。

中でも、最も難しいのは17番ホールで、ティーからグリーンをも渡すことはできますが、左サイドにはティーからグリーンまで池がありますので、センターを狙って飛距離を伸ばすのが正攻法の攻略方法です。

クラブハウス内には付帯施設として眺望の美しいレストラン、コンペルーム、リゾート施設のような大浴場が整えられています。

ゴルフクラブは和歌山県海草郡にあり、JR紀勢本線の海南駅前からタクシーを利用するか、自家用車で阪和自動車道を走り海南東インターチェンジで降りてアクセスしてください。

サンリゾートはオリックスゴルフマネジメントグループに属するクラブで、関東地区では15、東海地域7、近畿地区中国地方には4施設が運営されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ