白亜のクラブハウスがゴルファーたちを迎えてくれるオリムピックゴルフ倶楽部

オリムピックゴルフ倶楽部は、兵庫県三木市の丘陵地に広がるチャンピオンコースです。
総合リゾート施設になっており、ゴルフ以外のスポーツやレクリエーションも楽しめるクラブになっています。
高低差30mほどのなだらかな丘陵コースからは、六甲山の山々を望みながらプレーすることが可能です。

全長7,252ヤード、パー72の18ホールで、1グリーンを使用しています。
最寄のインターチェンジは西宮北ICか吉川IC、または山陽自動車道の三木東ICからのアクセスが可能です。

電車の場合、山陽新幹線の新神戸駅からタクシーで約30分になります。
ショートホールの4番は、打ち下ろしですが、グリーンの奥は池になるので、オーバーは禁物です。

風のジャッジがカギとなるホールといえます。
8番のミドルホールは難易度の高く、ティーショットの落下地点のフェアウェイが非常に狭くなっているので、ショットの正確性が求められるでしょう。

14番のロングは、ロングヒッターには2オンの可能性もあるチャレンジホールですが、左サイドには大きな池がせり出しているので注意が必要となります。

18番は真っ白なクラブハウスと美しい池が広がる、最も美しいパー4のホームホールです。
白亜のクラブハウス内の施設も充実しています。

天井の高い格調あるレストランでの食事もとても好評で、三木周辺の四季折々の食材がふんだんに使われている各種メニューは選ぶのに苦労するほどの充実ぶりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ