丘陵の地形をうまく生かした造りが特徴のサンフォレストゴルフクラブ

サンフォレストゴルフクラブは、岡山県真庭市の総面積137haの大地にゆったりと贅沢に18ホールがレイアウトされているコースです。
30m以上はある自然林帯幅をもたせて造られており、自然の森をくりぬいてつくりあげた18ホールです。
とても戦略性に富み、チャレンジ精神が掻き立てられるコースといえるでしょう。

コース全長6,461ヤードのパー72で、ベント1グリーンを使用しています。
車でのアクセスは、米子自動車道の久世ICより約15km、中国自動車道の落合ICから約17kmのロケーションです。

電車を利用の場合、JR姫新線の中国勝山駅より車で約10分ほどにあります。
2番のミドルは距離の短いホールですが、ティーショットが谷越えになるので、プレッシャーがかかるホールでもあります。

130ヤードを出せば十分なので、まずはミスショットをしないことが重要です。
12番は大変に距離のある打ち下ろしのショートになります。

グリーンの両サイドは広いので、距離感を大切にティーショットしましょう。
18番ホールは、打ち下ろしの大変に美しいミドルホールとなります。

ただし、グリーンの右サイドは大きく池が囲んでいるので、セカンドショットは正確性が求められるホールです。
高低差をうまく利用して作られているチャレンジ意欲がわいてくるコースです。

クラブハウス内の施設は、レストランや大浴場をはじめ、ショップでの品揃えも豊富で、とても充実しています。

宿泊施設もあるので、ゆっくりとプレーを楽しむことができると利用者からは好評です。
レストランの料理も、メニューも豊富で、しかもボリュームもあり男性プレイヤーには嬉しい限りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ