帝王ジャック・ニクラス選手が設計を手がけたジャパンメモリアルゴルフクラブ

兵庫県三木市にあるジャパンメモリアルゴルフクラブは、帝王ジャック・ニクラス氏によりコース設計された完成度の高いコースです。
全長6,909ヤード、パー72の18ホールで、ベントグリーンを使用しています。
車でのアクセスは、舞鶴自動車道の三田西ICより3kmと便利で、中国自動車道吉川ICからは、約9kmに位置しています。
電車利用の場合、JR宝塚線の新三田駅から車で15分です。

コースには、多くの池やバンカーが配置されています。

7番のロングホールのグリーン手前には、全長約100ヤードはある大きなバンカーが大きな口を開けており、2オンを狙うプレーヤーを悩ませるホールです。

9番は、左ドッグレッグのミドルホールです。セカンドは池越えとなり、グリーン手前ギリギリにせり出している池がプレーヤーに大きなプレッシャーを与えています。

13番は景観もすばらしいショーホールですが、ただし、グリーン手前まで池が迫っているので、ティーショットでは風向きと番手選びがカギとなるホールです。

すべてのホールに趣きがあり、飽きることの決してないゴルフコースに仕上がっています。
施設の充実ぶりも見逃せません。

クラブライフの頂点を極める空間として、また、最高のリラクゼーションの場が提供されています。
そのインテリアもとても重厚なデザインが選ばれており、オーク調ブラウンの色調で統一されています。

明るさと、開放感あふれるヨーロピアンスタイルのレストランでは、舌の肥えたVIPをもうならせる豊富なメニューが用意されており、大変好評です。
スタッフによる心温まるホスピタリティを感じることができるゴルフコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ