琵琶湖のほとりにある美しい景観のセンチュリー・シガ・ゴルフクラブ

センチュリー・シガ・ゴルフクラブは、滋賀県の日本一大きな湖でもある琵琶湖のほとりにあるゴルフクラブです。
このクラブが開設された経緯としては、1975年に京都の財界の接待コースなどのために開設されたコースでもあります。
従って、広く知られる事なく一握りのゴルフ愛好家に親しまれるような美しい景観のコースでもありましたが、1983年1984年には三菱ファンタス女子プロゴルフトーナメントの舞台にもなったために、今日では多くの方が知る有名なクラブとなっています。

具体的なコース説明についてですが、イン・アウトコースの全18ホールから成っています。

まず、インコースは自然池を巧みに配した設計となっていて、14番の池越しのショートホールは庭園風で7月には菖蒲の花が咲き、プレーヤーを楽しませてくれるでしょう。

しかも、自然樹がそのまま残されているので、自然の景観を楽しむことができるようになっています。
一方アウトコースは、人工的な曲線の中に姿のよい樹木を配した設計となっていて、人工池、特に7、8、9番に接するアゴラ池の眺めは絶景です。

またクラブハウスは、斬新なデザインで人々を魅了しており、40年近くも経過した建物は風格をもそなえています。

とくにプレーの前後には、くつろいでいただけるよう絵画や彫刻などを配したり、時々スタッフ自身が手作りで育てた花を飾りながら癒しの空間を醸し出せるよう努力をしています。

さらにレストランからは、センチュリーのシンボルマークでもあるもみじの樹景と10番ホールが一望することができるようになっており、食事を味わいながらの語らいは格別なものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ