有名な国内試合が開催されるような名高いコースとして知られるセンチュリー吉川ゴルフ倶楽部

センチュリー吉川ゴルフ倶楽部は、兵庫県三木市の豊かな自然に囲まれた丘陵地に開設されています。
ただし丘陵地の高台に開設されているとは言っても、ほぼフラットな18ホールから成っており、グリーン状況についてはコーライとベントの2グリーン仕様で、メインはベントです。
このコースも過去には、プロシニアツアー第一生命カップ5回と1992年はデサントクラシックマンシングウェアカップが開催された名高いコースでもあります。

そんな多くのゴルファーがプレーしたコースについてですが、18あるホールでは比較的雄大なスケールのホールが多く、アウトコースでは思い切ったショットが楽しめるでしょう。

一方、インコースはテクニカルなホールが多く、緻密なショットが要求されます。

しかも、インターバルが短くフェアウェイも80ヤード幅と広い設計となっていて、バンカー数も96か所あり、ゴルフ本来のコース攻略といった観点からは十分にその醍醐味を満喫することができるのではないでしょうか。

またプレーに際しては、キャディ付きかセルフの選択制となっています。
そして、歩きと乗用カートの併用ができるようになっています。

なお平日ならば、ツーサムでもカート使用が可能です。
その他クラブハウスは、入った途端ホテルのロビーのような広々とした室内空間となっており、レストランの食事のメニューも充実しています。

プレー料金については、メンバーとビジターや平日と土日祝日の利用では、その料金にも差があるのですが、おおむね6000円から18000円までとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ