帝王ジャック・ニクラスが設計したハイセンスなセントクリークゴルフクラブ

セントクリークゴルフクラブは、愛知県豊田市にあるのですが、ここのコース設計者は、何とアーノルド・パーマー氏とともに、ゴルフをメジャースポーツにした立役者でもあるジャック・ウィリアム・ニクラス氏と言われています。
トレードマークの金髪によりゴールデン・ベアとゴルフ仲間からは恐れられ、日本では帝王と呼ばれた、まさに史上最高位に君臨するゴルファーです。

ちなみに彼が自身で設計したとされるアメリカ・オハイヨ州にあるミュアフィールド・ビレッジ・ゴルフクラブは有名ですが、ここセントクリークもその一つとなっています。

しかも、セントクリークゴルフクラブのHPには、ジャック氏のコース攻略方法が以下のごとく記されています。

「このコースを攻めるためには、14本すべてのクラブを使いきり、1打1打にも十分に考えたショットが 要求されるでしょう」こうしたジャック氏のコメントを伺うと、ゴルフ愛好家であれば一度は、このコースでプレーをしてみたいといった挑戦意欲をかき立てられることでしょう。

このクラブでは、定期的に競技会やイベントなどが開催されています。

参加費用さえ支払えば、どなたでも参加自由にもなっていますので、普段知人とこのクラブを訪れてプレーをするという方々にとっても、こうした同じ愛好家同士の触れ合いの場を通してより多くの仲間を増やすには絶好の機会です。

また、クラブハウス内にあるレストランでは、お昼のランチだけでなく朝食メニューも用意されていますので、早朝から急いで訪れたという方にとっても安心でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ