気鋭の設計家・山尾寿男氏の独創的なセンスが特徴的なセントラルパークゴルフ倶楽部

セントラルパークゴルフ倶楽部は、山口県美祢市の山間部に開設されており、四季が織りなす豊かな自然を体感しながら、優雅なゴルフプレーを満喫することができます。
またセントラルパークでは、海外でも高い評価を受ける気鋭の設計家でもある山尾寿男氏の独創的なセンスが生かされたアメリカンスタイルとも言えるコース設計が特徴です。

コース自体は18ホールからなっているのですが、大小からなるマウンドの配置や、フラットでありながらもコースマネジメントが要求されるような戦略性の高いコース設計となっています。

視覚的な観点から見ても水路やグラスバンカーの造形が見事なまでに美しく、各ホールごとに多様な楽しみが味わえます。

さらに、アウトとインのコースの総ヤード数は6912ヤード・パー72となっており、一見短そうには見えますが距離にごまかしがきかないのでロングヒッターでも油断はできません。

その他、スタート前のウォーミングアップのための練習用のグリーンが完備されています。
ドライバーショットから、アプローチの練習に至るまでスタート前の微妙な調整ができるようにもなっています。

そして、走行音が静かな5人乗り乗用カートも利用することができ、安全で乗り心地も最高でコース間の移動中もプレーに専念できるので、きっと快適なプレーをサポートしてくれるでしょう。

また、上品で優雅な佇まいのクラブハウスでは、プレーヤーの疲れた体を癒やしてくれる本格的な温泉の他、ゆったりとくつろげる開放的なロビーやおしゃれで上品なレストランなど憩いの空間が訪れたプレーヤーの心を満足させてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ