さまざまな名称変更を経て、今も続くRKBレディース

RKBレディースは、ほけんの窓口レディースとも呼ばれています。
2000年から始まっていて、RKB毎日放送の主催となっています。
ほけんの窓口グループが共同主催となったのは2013年のことからで、そのときは、冠にこの会社の名前は使われてはいませんでした。
日本女子プロゴルフ協会が公認している女子のプロトーナメントの一つであることから、多くのトッププレーヤーたちが参戦をしています。

また、その賞金も高額になっていて、賞金総額は1億2000万円。
優勝賞金は2160万円です。

2000年から2009年までは特別協賛が、化粧品などを通信販売している会社ヴァーナルでした。
そのために、ヴァーナルレディースと名前がついていましたが、開始した当時だけはヴァーナルカップRKBレディースという名称を使っていました。

さらに2010年からはまたスポンサーが変わっています。
大分県臼杵市に本社を置く醸造メーカー・フンドーキン醤油が冠となりました。

そのときはフンドーキンレディースという名称になっています。
ただし、フンドーキンレディースという同盟の大会があることから、この名称はなくあり、さらにスポンサーも変わることになります。

2011年までは福岡センチュリーゴルフ倶楽が開催場所となっていましたが、破産をしてしまい開催困難となったことから、2012年から福岡カンツリー倶楽部和白に変更を余儀なくされています。

そして、この大会の最小打数と通算スコアのレコードは、ともに宮里藍がもっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ